株式会社データム
雑誌の新聞」及び「データマン」につきましてはサービスを終了いたしました。
長年にわたりご愛顧頂き、誠にありがとうございました。
会社案内 業務案内 Q&A お問い合わせ ◆求人案内◆
トップページ > トレンドの種 > 不動産・物品賃貸業/エリア開発・建設
 メニュー★
会社案内
業務案内
業界別:トレンドの種
  エネルギー業界(電気・ガス・熱供給)
  航空・海運・運輸・輸送
  小売り・流通
  自動車・バイク
  不動産・物品賃貸業/エリア開発・建設
  最新号
  01/04号
  12/01号
  11/01号
  行楽・レジャー・宿泊
  飲食サービス/グルメ
  教育・学習支援
  医療・福祉、健康
  金融・保険業
  情報通信
  美容・ファッション
Q&A
お問い合わせ
プライバシーポリシー
求人案内
 更新終了のコンテンツ
「雑誌の新聞」メインページ
 雑誌の知恵袋・生活ガイド
 雑誌は語る・名医ガイド
 話題の人
 話題の企業
 ジャンル別速報
 雑誌別速報
 提供終了のサービス
記事情報メール配信「データマン」
雑誌情報チェックツール「ZAKKEN」
  不動産・物品賃貸業/エリア開発・建設   [最新号]
[バックナンバー]  最新号   01/04号   12/01号   11/01号  

関西電力、京都に大容量データ処理・保存施設建設へ…「GAFA」の利用見込む:地域ニュース
ハイパースケールデータセンター
関西電力が、京都府精華町に大容量の電子データを保存する「ハイパースケールデータセンター(DC)」の建設を計画していることがわかったそうです。投資額のスケールにビックリ!
国内話題・トレンド   読売新聞 (2024/01/01)



「万博建設進んでいる」「問題噴出した23年、今年は安心の年に」…2024年関西経済トップの目:地域ニュース
2024年、関西経済トップの視線は!?
新型コロナの感染拡大が落ち着き、かつてのような日常が戻ってきましたね。2024年の関西圏では、ビックプロジェクトが目白押し!経済界トップのコメントから今年を占います。
国内話題・トレンド   読売新聞 (2024/01/01)



東京タワーが観光スポットとして人気再燃の理由 積極的な仕掛けで来塔者はコロナ前水準超えも
東京タワーの人気再燃!
東京タワーが2023年12月23日に開業65周年を迎えたそうです。ここ数年行ってきた積極的な仕掛けを紹介。人気復活のヒミツに迫ります。
国内話題・トレンド   東洋経済オンライン (2024/01/01)



2024年、不動産関連“知っておきたい”法改正5つ 業界に大きな影響を及ぼすルール変更が多数
必見! 不動産関係・法改正5つ
ここ10年ほど不動産価格の高騰が続く建設・不動産業界においても法律が改正されたそうです。空き家の相続、登記のルールも変わる・・・など、要チェックですよ!
海外話題・トレンド   東洋経済オンライン (2024/01/01)



2024年 どうなる住宅ローン金利 マイナス金利解除で変動金利も上昇?
2024年 住宅ローン金利の展望
果たして、2024年の住宅ローンはどうなっていくのか。専門家の意見・見通しが参考になるかも!?
国内話題・トレンド   日テレNEWS NNN (2024/01/01)



判断ミスで“負動産”に…空き家の相続で一番損をしない方法は?「解体はあくまで最後の手段」
失敗しない! 「空き家の相続」テクニック
初動を誤り、本来は手放せたはずの不動産を、どうにもならない「負動産」にしてしまったケースは多いそうです。事例とともに様々な問題点と回避法を解説。
海外話題・トレンド   文春オンライン (2024/01/03)



【タワマン vs 低層マンション】タワマンにはない「低層ならではの良さ」とは?
タワマン vs 低層マンション
この記事では低層マンションに住むことのメリットに焦点を当て、その快適さや暮らしやすさについてご紹介。7つのメリットとは???
国内話題・トレンド   マイナビニュース (2024/01/03)



「中古VS新築」「一戸建てVSマンション」結局どっちが得?それぞれのメリットとデメリットを専門家が解説「マンション自体が高くなりすぎている。一戸建ての物件は昔と比べるとものすごく割安感がある」
「中古VS新築」「一戸建てVSマンション」結局どっち?
永遠のテーマですよね。記事では住宅を購入する際の中古と新築、一戸建てとマンションのそれぞれのメリット、デメリットをぎっくり解説♪
国内話題・トレンド   ABEMA TIMES (2024/01/03)



渋谷“高層タワマン住民”が「隣のタワマン」建設に猛反対 単なる住民エゴではない“意外な理由”とは
渋谷・隣接高層タワマン問題
すでにタワマンに住んでいる住民が、これから建つ「より高いタワマン」の建設に反対するという風変わりな構図は、注目を集めている。しかし、眺望や日照をめぐるマンション紛争かと思いきや、その裏には意外な争点が。気になる方は記事をチェック!
イシュー   AERA dot. (2024/01/04)



住宅全壊に見舞金10万円、半壊は5万円 能登半島地震で県が支援策、県営住宅の提供も
能登半島地震の被災者に対する支援策
石川県は1月4日、能登半島地震の被災者に対する支援策を発表。住宅が全壊・半壊した世帯に最大10万円の見舞金を支給するほか、県営住宅を一時提供するなど、支援策の中身を紹介。
イシュー   北日本新聞 (2024/01/04)



国内REITに向かい風 資金流入100億円超えは2本
2023年のREIT市況
2023年は長期金利が上昇するなど国内不動産投資信託(REIT)には向かい風が吹いたそうです。その背景と運用実績概況を解説。
国内話題・トレンド   日本経済新聞 (2024/01/04)



<おっさんずラブ-リターンズ- 第1話>春田(田中圭)&牧(林遣都)、5年の遠距離恋愛経て新婚生活 愛の物語が再び開幕
なぜ「おっさんずラブ-リターンズ」
ネットニュースを「不動産」キーワードで検索すると、なぜかドラマ「おっさんずラブ」が多数ヒット! まぁ、主人公が不動産会社に勤めていて、ドラマの展開もそこで多く進むから・・・なんですが(;^_^A
国内話題・トレンド   モデルプレス (2024/01/05)



日本の超富裕層 実態を解説
日本の超富裕層
国内の超富裕層の実態に迫ります。我々、庶民からすると豪華がお屋敷に住んで、んまいモノ食べてるイメージですが(苦笑)果たして真の姿とは???
国内話題・トレンド   THE GOLD ONLINE (2024/01/06)



中国の投資者は小型住宅を好む アラブ首長国連邦と日本の住宅市場が人気
中国投資者の志向とは?
中国の国際不動産サイト大手「居外網(Juwai.com)」を運営する居外IQIがこのほど発表した2023年第3四半期の世界住宅市場リポートを紹介。世界の不動産市場は低迷が続くものの、アラブ首長国連邦、日本、ギリシャの住宅市場が人気らしいです。その理由とは?
海外話題・トレンド   Record China (2024/01/07)



千葉県「成田市」の秘めたる可能性 インバウンド県内宿泊は半数以上を占拠、国際空港立地の強み生かせるか
インバウンド効果で「成田市」の魅力を再確認
国際空港があることのインパクトが実際、どうなのかを検証・考察。千葉県を活性化させたい思惑の実現度を占う。
国内話題・トレンド   Merkmal (2024/01/08)



稼ぎ口の多さは「宅建」が最強...ミドル世代に役立つ資格とは?
「宅建」最強!!
「本当に稼げる難関資格」の一つ。宅建の現状や資格取得までのハードルなどを検証。
国内話題・トレンド   THE21オンライン (2024/01/09)



京都駅周辺「再開発ラッシュ」 過去のいわれなき差別乗り越え、古都の“玄関口”は街の中心に生まれ変われるか
京都駅周辺「再開発ラッシュ」の現状
京都駅周辺の再開発には課題も多いようですが、混雑を緩和して市民が暮らしやすい街にするとともに、都市ブランドとしての京都の価値を高める狙いを実現するための取り組みを紹介。
国内話題・トレンド   Merkmal (2024/01/10)



上場ホテルの客室単価、9割以上でコロナ前を超える  7‐9月期は前年同期比で平均1.5倍に価格上昇
上場ホテルの客室単価、上昇中!
上場ビジネス・シティホテル「客室単価・稼働率」調査の結果を解説。インバウンド需要には長引く円安も追い風となった背景も紹介。
国内話題・トレンド   東京商工リサーチ (2024/01/10)



住宅ローン、勧められるまま組み「後悔しています」…年間返済額平均「174万円」の重み
住宅ローンの「後悔」事例
「住宅ローンが不安でならない」という人は多いのでは? 記事では国土交通省『令和4年度 住宅市場動向調査』などとともに「日本人の住まい」について検証。
イシュー   THE GOLD ONLINE(ゴールドオンライン) (2024/01/10)



三井不動産と竹中工務店、地上18階の木造オフィスビル着工--ペロブスカイト太陽電池の実証実験も
地上18階の木造オフィスビル
三井不動産は1月11日、東京都中央区日本橋にて推進中の「日本橋本町一丁目3番計画(仮称)」について、1月4日に着工したと発表。その狙いと建物の仕様とは???
国内話題・トレンド   CNET Japan (2024/01/11)



マンハッタン賃貸市場、なお競争激しく-冬場でも前月比で家賃上昇
マンハッタン賃貸市場
ニューヨーク市マンハッタンのアパート探しで、家賃の大幅な値下がりを期待している人にとっては厳しいお話し。 昨年12月は、通常なら家賃は下がる時期だが、前月比で7月以来の上昇となったそうです。(;´д`)トホホ
海外話題・トレンド   ブルームバーグ (2024/01/12)



最新の高層オフィス 入居する際の敷金5000万円「無料」キャンペーンも 福岡市
福岡市、最新の高層オフィス事情
規制の緩和で、大規模な再開発が進む福岡市。しかし、企業誘致に当たっては、再開発ビルへの入居に掛かる初期費用が、企業進出のネックとなっているとか。最新高層ビルのオフィス入居率やキャンペーン、天神と博多で相次ぐ大型再開発などの最新事情を解説。
国内話題・トレンド   RKB毎日放送 (2024/01/12)



仙台に「ゲーミング賃貸」 高性能パソコン完備、高速ネット回線提供 NTT東のショールームに体験ブース
仙台に「ゲーミング賃貸」
eスポーツ事業などを手がけるイーデックス(仙台市)は、アパートやマンションの賃貸物件に高性能パソコンを設置し、ゲームや動画編集などを楽しんでもらうサービス「eルーム」を展開。最新の「ゲーミング賃貸」とは?
国内話題・トレンド   河北新報 (2024/01/13)



シェアハウス市場拡大、進化系も 「ホテルより割安」訪日客の受け皿に
シェアハウス市場拡大中!
一つの賃貸住宅に複数人が共同で暮らす「シェアハウス」の市場が拡大しているそうです。新型コロナの収束やインバウンド回復が主な要因。さらにプライベート空間を充実させた「進化系」も登場。きになりますねぇ。
国内話題・トレンド   産経新聞 (2024/01/14)



駅から「徒歩10分」と「徒歩15分」では雲泥の差…「中古になっても価値が上がる物件」の4条件
中古になっても価値が上がる物件
リセールバリューとは、一度購入したものを販売する際の再販価値のことで、中古不動産や中古車に使われることが多い言葉。記事では中古になっても売れる物件の4つの基準を解説してます!
国内話題・トレンド   プレジデントオンライン (2024/01/16)



主要駅から消える百貨店……ターミナルの新たな覇者となるのは?
主要駅から消える百貨店。その先にあるのは???
バブル崩壊以降、地方百貨店は極めて厳しい経営環境が続いており、各地で百貨店閉店が相次いできました。次に来る駅前の「主役」とは???
国内話題・トレンド   DCSオンライン (2024/01/16)



パワーカップルが見た「地獄」、知られざるペアローンの“リスク多すぎ問題”
住宅ペアローンの“リスク”
ペアローンで問題になる「ある問題」。具体例をもとに解説しています。読めば「なるほど!」な指摘に、思わずお腹が痛くなっちゃうかも(苦笑)
イシュー   ビジネス+IT (2024/01/17)



「草加せんべい」で有名な草加市が進化中 マンモス団地建て替えで生まれ変わった街の今と注目駅
埼玉県・草加市が進化中!
草加駅から北千住駅までは東武スカイツリーラインで約10分。東京メトロ日比谷線や半蔵門線が乗り入れ、都心部への直通アクセスに優れた街です。記事では、草加市の魅力と住宅事情について紹介しています。
国内話題・トレンド   ARUHIマガジン (2024/01/18)



【知らないと大損】住宅ローン減税はどうなる?「2024年度税制改正」のポイントを徹底解説
2024年、住宅ローン減税はどうなる?
これから住宅を買おうとしている人に大きく関わるのが「住宅ローン減税」。政策の具体的なポイントを、さくら事務所創業者・会長の長嶋修氏が徹底解説。
国内話題・トレンド   ダイヤモンド・オンライン (2024/01/20)



住宅ローン、今買わないと年30万円近く負担増も…「固定金利」志向強まる
住宅ローン、「固定金利」志向強まる
これまでのように変動金利型一辺倒ではなく、固定金利型を利用する人が増えるのではないか?との見方もありますが、その点について興味深いデータが出てきたそうです。果たしてどんなデータなのか???
国内話題・トレンド   Business Journal (2024/01/22)



中古マンションマーケット“活況”のウラで高額すぎる新築マンションに苦しむ人々
高額すぎる新築マンションに苦しむ人々
不動産経済研究所が調査、発表する「新築分譲マンション市場動向」によれば、2023年上半期(1月~6月)首都圏(1都3県)における新築マンションの平均価格は8873万円と前年同期比で36.3%もの大幅な値上がりに。「高くなりすぎた」新築マンションマーケットの最新事情をリポート。
国内話題・トレンド   文春オンライン (2024/01/23)



JR京葉線ダイヤ改正 異例の“見直し”で再認識された、「沿線住民 = 公共交通維持の主役」という事実
「沿線住民 = 公共交通維持の主役」
2024年3月のダイヤ改正で京葉線の通勤快速と快速の一部廃止を予定していたJR東日本は、沿線自治体などからの見直し要望を受け、平日朝に限り上り快速電車の運行を継続することを決めたそうです。鉄道会社が一度発表したダイヤ改正を修正することは極めて異例。その背景に迫ります!
国内話題・トレンド   Merkmal (2024/01/24)




Since 1999 DATUM Corporation. <無断転載複写禁止>