株式会社データム
雑誌の新聞」及び「データマン」につきましてはサービスを終了いたしました。
長年にわたりご愛顧頂き、誠にありがとうございました。
会社案内 業務案内 Q&A お問い合わせ ◆求人案内◆
トップページ > トレンドの種 > 自動車・バイク
 メニュー★
会社案内
業務案内
業界別:トレンドの種
  エネルギー業界(電気・ガス・熱供給)
  航空・海運・運輸・輸送
  小売り・流通
  自動車・バイク
  最新号
  06/03号
  05/09号
  04/10号
  03/08号
  02/06号
  01/18号
  不動産・物品賃貸業/エリア開発・建設
  行楽・レジャー・宿泊
  飲食サービス/グルメ
  教育・学習支援
  医療・福祉、健康
  金融・保険業
  情報通信
  美容・ファッション
Q&A
お問い合わせ
プライバシーポリシー
求人案内
 更新終了のコンテンツ
「雑誌の新聞」メインページ
 雑誌の知恵袋・生活ガイド
 雑誌は語る・名医ガイド
 話題の人
 話題の企業
 ジャンル別速報
 雑誌別速報
 提供終了のサービス
記事情報メール配信「データマン」
雑誌情報チェックツール「ZAKKEN」
  自動車・バイク   2024/05/09号 
[バックナンバー]  最新号   06/03号   05/09号   04/10号  
  03/08号   02/06号   01/18号  

EV蓄電池の製造データを国内メーカー50社で共有、トヨタ・ホンダなど新組織設立へ
国内メーカーEVデータで連携
EV事業において、国内メーカーが情報を共有するための組織を立ち上げました。海外の厳しい環境規制に効率的に対応するためにも連携は欠かせませんね。
国内話題・トレンド   読売新聞 (2024/04/01)



若者の二輪車死亡者数増加に、自工会二輪車委員会の日髙委員長「なんとかしないといかんぞ」 胸部プロテクター着用促進など安全運転活動の取り組みを報告
二輪車の交通事故状況
自動車の安全対策が進む中、二輪車はやや遅れている印象です。では、安全対策として有効な手段は何なのでしょうか?
国内話題・トレンド   Car Watch (2024/04/01)



中国の中古車市場で新エネ車が全く売れない理由―中国メディア
中国で新エネ中古車の販売が低迷
中国市場では新型エネルギー車の普及が進む一方で、中古車市場は低迷しているようです。その理由とは?
海外話題・トレンド   レコードチャイナ (2024/04/02)



フォード、1〜3月米新車販売7%増 HVが過去最高
米フォード、HV販売が過去最高
米フォードは四半期販売で過去最高となったが、好調の要因はHV販売増だという。なぜ、米ではEVからの逆行現象が起きているだろうか・・・
海外話題・トレンド   日本経済新聞 (2024/04/04)



日産には勝てない…格安の王者「BYD」の弱点、ドライバーなら気づく“決定的な差”
中国・BYDの弱点とは?
低価格EVで攻勢を強める中国BYD。日本市場への注力姿勢をみせているが、はたしてその成果は・・・!?
海外話題・トレンド   ビジネス+IT (2024/04/05)



「ほぼ全店まっ黒」ビッグモーターが不正まみれになっていった“仕組み” 伊藤忠も簡単には変えられない
国交省、ビッグモーターの監査結果公表
不正を行った事業所が130事業所中125か所・・・という衝撃的な監査結果となったビッグモーター。本当に再建は可能なのでしょうか?
イシュー   乗りものニュース (2024/04/05)



電動キックボードよりオススメです! 新作「WONKEY」を試乗レポート
「電動モビリティ」紹介
電動キックボードをはじめ、様々なスタイルで登場している「電動モビリティ」について解説。さて、今回紹介する新作は何が違うの?
国内話題・トレンド   Web LEON (2024/04/08)



ダイハツ、軽自動車中心の業態に 小型車開発・認証はトヨタが責任
ダイハツ、新経営方針発表
認証不正を受け、軽自動車中心の業態への体制変更を余儀なくされたダイハツ。小型車はトヨタの厳しい監視下のもとで開発が行われるようです。
国内話題・トレンド   共同通信 (2024/04/08)



米財務長官、中国製EV関税引き上げ「排除せず」 過剰生産問題
米財務長官、中国製品の関税引き上げに言及
中国政府が中国企業が世界で販売を伸ばしているのは、巨額な補助金を問題視して米財務長官は関税引き上げを示唆しています。
海外話題・トレンド   毎日新聞 (2024/04/09)



若者はなぜ「自動車整備士」を目指さなくなったのか…事故を起こしても車が直らなくなる「深刻な未来」
若者の整備士離れが顕著に
若者のクルマ離れが進んでいるといわれているが、整備士になる若者も減っているようです。車が故障した時に直すことができなくなる可能性もある?
国内話題・トレンド   現代ビジネス (2024/04/14)



EV産業の「もしトラ」リスク 日本のトップ企業のしたたかな戦略
トランプ復活でEV業界はどうなる?
トランプ氏が大統領に返り咲いた場合、バイデン大統領がEV支援策が消滅する可能性もあるため、EV業界も対策が必須。はたして、その時は来るのか・・・
国内話題・トレンド   毎日新聞 (2024/04/15)



中国車を締め出す欧州! しかし「イタリア」は工場誘致に積極的、その理由とは
EU、中国車に対する相殺関税検討
中国車に対する対応がEU内で分かれているようだ。相殺関税を進める一方で、中国企業の誘致を進める動きも。対中国への措置は各国の事情も反映して複雑化していきそうです。
海外話題・トレンド   Merkmal (2024/04/15)



日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
電気自動車「日産サクラ」販売好調
日本でEVは売れないといわれる中、好調に販売を伸ばしている日産サクラ。なぜ、サクラは売れるのか・・・その人気の秘密に迫ります。
国内話題・トレンド   WEB CARTOP (2024/04/16)



脱炭素へ 燃料電池トラックの実証実験 食品配送し燃費など検証
大分県で燃料電池トラックの実証実験
地熱など再エネ資源が豊富な大分県で燃料電池の導入を見越し実証実験が開始されています。もしかして、大分が日本の再エネ先進県になるかも!?
国内話題・トレンド   毎日新聞 (2024/04/16)



「全固体電池」実用化へ…日産が進める革新的な技術開発の現在地
日産、全固体電池実用化へ
日産が実用化を推し進めている全固体電池。量産化やコスト面での課題なども指摘されているが、日産はいかにして開発に取り組んでいくのだろうか。
国内話題・トレンド   ニュースイッチ (2024/04/18)



ファンにはちょっと残念! 国産トラックメーカーの統合が進みこの先「実質2社」になる可能性
国産トラックメーカーが実質2社へ
かつては4社が存在した国産トラックメーカーは海外企業との統合などもあり、今後は2社となる見通しです。では、統合後に新たに生じる問題とは?
国内話題・トレンド   WEB CARTOP (2024/04/20)



ホンダの新型SUV『WR-V』、発売1か月で1万3000台を受注…月販計画の4倍超
ホンダの新型SUV「WR-V」販売好調
月販計画の4倍超の売り上げとなるなどホンダが新型SUVの販売が好調です。購入者が指示した理由とは?
国内話題・トレンド   レスポンス (2024/04/23)



米テスラ4年ぶり減収減益 でもマスク氏「最終的にEVが市場支配」
テスラ24年1-3月期決算で減収減益
EV低迷が囁かれる中、注目のテスラの決算が発表されました。EV販売のけん引役テスラの4年ぶりの減収は一体何を意味するのでしょうか・・・?
海外話題・トレンド   朝日新聞 (2024/04/24)



中国シャオミ初のEV、返金不可受注が7万台突破 「国内に専念」
中国・シャオミ製EV、受注好調
スマホメーカーのシャオミがEV市場へ投入した新型車の受注が好調のようです。当面は中国国内市場に専念するようですが、いずれ世界を席巻する可能性も!?
海外話題・トレンド   ロイター (2024/04/24)



3Dプリンターでクルマを作る「ローカル・モーターズ」が事業を停止! 「アリ」なアイディアだったのになぜ失敗したのか?
3Dプリンターで車を作る事業が停止
3Dプリンターを利用して車両を作るという斬新なアイデアが話題となった米企業が事業を停止したという。なぜ、アイデアが実益に結びつかなかったのか・・・その原因を検証。
海外話題・トレンド   WEB CARTOP (2024/04/25)



中国BYD、売上高が予想に及ばずー積極的なEV値下げが利益圧迫
BYDの増収率が低下
積極的な値下げで、EV市場を席巻していたBYDの1-3月期の売上が予測に届かなかったとのこと。値下げ戦略は諸刃の剣だったようで・・・。
海外話題・トレンド   ブルームバーグ (2024/04/29)




Since 1999 DATUM Corporation. <無断転載複写禁止>