株式会社データム
雑誌の新聞」及び「データマン」につきましてはサービスを終了いたしました。
長年にわたりご愛顧頂き、誠にありがとうございました。
会社案内 業務案内 Q&A お問い合わせ ◆求人案内◆
トップページ > トレンドの種 > 医療・福祉、健康
 メニュー★
会社案内
業務案内
業界別:トレンドの種
  エネルギー業界(電気・ガス・熱供給)
  航空・海運・運輸・輸送
  小売り・流通
  自動車・バイク
  不動産・物品賃貸業/エリア開発・建設
  行楽・レジャー・宿泊
  飲食サービス/グルメ
  教育・学習支援
  医療・福祉、健康
  最新号
  06/03号
  04/30号
  04/05号
  03/07号
  02/02号
  01/11号
  金融・保険業
  情報通信
  美容・ファッション
Q&A
お問い合わせ
プライバシーポリシー
求人案内
 更新終了のコンテンツ
「雑誌の新聞」メインページ
 雑誌の知恵袋・生活ガイド
 雑誌は語る・名医ガイド
 話題の人
 話題の企業
 ジャンル別速報
 雑誌別速報
 提供終了のサービス
記事情報メール配信「データマン」
雑誌情報チェックツール「ZAKKEN」
  医療・福祉、健康   2024/04/05号 
[バックナンバー]  最新号   06/03号   04/30号   04/05号  
  03/07号   02/02号   01/11号  

日本映画のリメーク版が中国で大ヒット、新たなフィットネスブーム到来―米メディア
映画「百円の恋」リメイク
中国で安藤サクラが主演した2014年公開の日本映画「百円の恋」のリメイク版が大ヒット!?国内では世間に浸透した女優となっている安藤さんですが、まさか中国でも・・・、と思ったら、中国人女優さんが(笑。
海外話題・トレンド   Record China (2024/03/03)



本当に痩せられるのか…処方箋なしで買えるようになる内臓脂肪減少薬「アライ」医師に聞いた副作用や注意点
内臓脂肪減少薬
いつの世も人を引き付けるダイエット。このたび国内初の薬局で買える内臓脂肪減少薬「アライ」が発売されザワついている模様・・・。
国内話題・トレンド   FNNプライムオンライン (2024/03/05)



定番だけど要注意! 朝に飲むと太りやすい「NG飲み物」とは【管理栄養士が解説】
朝飲むと太りやすい「NG飲み物」
まさかまさかの飲み物が結構出てきます。朝に飲むと太りやすいといわれている3つの飲み物とは。食事にしか気を遣っていませんでしたが、飲み物にも目を向けないといけないのですね・・・。
国内話題・トレンド   All About (2024/03/05)



コーヒーは有害? 米国で“クリーンコーヒー”人気広がる
クリーンコーヒー
これは初耳です。コーヒー豆には、カビの代謝生産物である「マイコトキシン」という有毒物質が含まれるそう。市場に出回るコーヒーの50%以上から低量のマイコトキシンが検出されるというから穏やかではありませんね。
海外話題・トレンド   WWDJAPAN.com (2024/03/06)



花粉症シーズン到来!「鼻ブラシ」開発者が語るメリットと注意点
鼻ブラシ
鼻ブラシってご存知ですか?花粉症の人は知っているのかもしれません。一昨年の発売以来、口コミで広がり、5000本以上が売れているらしいですよ。開発者の開発話が面白すぎます。
国内話題・トレンド   日刊ゲンダイ ヘルスケア (2024/03/07)



ルイボスティーの消費拡大…理由は 「食事に合う」「クセにはまって」 ノンカフェイン人気も背景に
ルイボスティー人気
実はノンカフェインなルイボスティー。しかし真っ赤な色味と独特な風味は飲む人を選びますよね。しかし、苦手な人向けの新しいルイボスも登場したようですよ!
国内話題・トレンド   日テレNEWS NNN (2024/03/07)



勉強後に筋トレをすると記憶力がアップする…5分でも効果あり【科学が証明!ストレス解消法】
勉強後筋トレで記憶力アップ
信じられないような話しですね。筋トレは勉強や学習の効率を上げる一助になる。これからは、勉強して筋トレして勉強して筋トレして、のルーティンで記憶力上げていきましょう!
国内話題・トレンド   日刊ゲンダイDIGITAL (2024/03/08)



合わない人が使うと危険!? ダイエットに人気の「防風通聖散」のリスク【漢方薬剤師が解説】
「防風通聖散」のリスク
漢方を常用している人には身近な名称ですね。18種類の生薬から構成されている漢方薬「防風通聖散」。代謝向上効果があるとのことですが、体質を見極めないと・・・。
国内話題・トレンド   All About (2024/03/11)



幻覚剤療法に期待、開放的思考求める起業家や企業幹部-リスク懸念も
幻覚剤療法
イーロン・マスク氏の薬物使用が報じられたのはいつだったでしょうか。びっくりしましたが、ビジネス界における幻覚剤使用増加・・・、という切り口で注目が集まっているようです。
海外話題・トレンド   Bloomberg (2024/03/12)



1日2本のバナナが「春バテ対策」に有効なワケ 寒暖差が7℃以上あると、自律神経が乱れる
バナナが「春バテ対策」に有効
激しい気温差で自律神経が乱れ様々な不調を引き起こす通称「春バテ」。今年の気温差は半端ではないですよね。
自律神経研究の第一人者小林弘幸氏に春バテ対策、聞いちゃいましょう。
国内話題・トレンド   東洋経済オンライン (2024/03/12)



西川貴教が「良性発作性頭位めまい症」発症を報告「少しの間だけ安静にさせてもらいます」
良性発作性頭位めまい症
歌手・西川貴教が「めまい症」になったことを報告・・・。一口にめまいといっても、正式には『良性発作性頭位めまい症』とのこと。
しばらく安静にして。検査等も受け、異常ないようですが、この聞きなれない病名、気になりますね~。
国内話題・トレンド   スポーツ報知 (2024/03/12)



感染拡大で緊急事態宣言、軍隊も出動…ブラジルで急増「デング熱」で武田薬品のワクチンに期待が集まる理由
ブラジルで「デング熱」急増
医療崩壊が起きるほどデング熱感染が拡大している様子。蚊を媒介して感染するデング熱。致死率は高くないものの、急激な発熱、発疹、頭痛、骨関節痛、嘔気・嘔吐などを引き起こします。そこにすい星のごとく現れた救世主が武田薬品の「キューデンガ」。
海外話題・トレンド   PRESIDENT Online (2024/03/13)



板野友美さんも被害に…生魚の寄生虫「アニサキス」の対策法と最新研究事情
アニサキス対策
生魚を食べる文化の日本人には身近な食中毒、といっても良いでしょう。アニサキス・・・、サバ、イカ、カツオなどに見られる寄生虫のことです。2022年には元AKB48の板野友美さんが罹患してニュースになりましたよね。さて、対策はあるのでしょうか。
国内話題・トレンド   ダイヤモンドオンライン (2024/03/13)



続く「腸内環境改善」大ブーム!100年前から大人気のヨーグルトが日本人の定番の健康食になるまで
「腸内環境改善」大ブーム
長らく続いている「腸内環境改善」ブームで大人気のヨーグルト。ビフィズス菌、乳酸菌、善玉菌、プロバイオティクス、腸内フローラ・・・。聞いただけで体が良くなりそうなこれらはヨーグルトと腸内環境との関連で語られるもの。ブームに乗り遅れている人は今すぐ乗りましょう!
国内話題・トレンド   Wedge(ウェッジ) (2024/03/15)



朝、顔を洗う時に「洗顔料」を使ってはいけない…ズボラな人ほど肌がツルツルになる医学的理由
ズボラな人ほど肌ツルツル
ズボラな人ほど肌がツルツル・・・、だとしたらマメに大真面目に肌のケアをしている人たちは激怒でしょうね。とある専門家の方は、「美容を熱心に心がける人ほど、肌トラブルを招きやすい」と断言。何事もほどほどにね、ってことでしょうか。
国内話題・トレンド   プレジデントオンライン (2024/03/15)



「はしか」感染が相次ぐ 特に妊婦と乳幼児は注意 ワクチン接種歴が分からない場合は検査を【専門家解説】
はしか感染拡大中
3月に入り、国内で相次いでいた「はしか」の感染報告。元々海外で増加していた「はしか」、WHOは警告を出しています。年代によっては小さい頃にワクチンを打っていましたよね。まさか今流行るとは・・・。一体どう身を守れば良いのでしょうか。
国内話題・トレンド   カンテレNEWS (2024/03/15)



「卵」は高齢者の肝臓病リスクを減らす? イタリアの研究報告
高齢者の肝臓病リスク
卵ほど重要な食材もありませんよね。そんな卵って健康に良い食材・・・でしたっけ??タンパク質やビタミンD、ビタミンB群など・・・あぁ、栄養素いっぱいですね!ただ、コレステロールを多く含むことを除いては。しかし、食べ過ぎは悪から一転、60歳以上の年齢では、どうやら良い研究結果が。
海外話題・トレンド   日刊ゲンダイDIGITAL (2024/03/17)



「果物と野菜のスムージー」は最悪の朝食…糖尿病専門医が「バターたっぷりのチーズオムレツ」を食べる理由
朝食の最悪の組み合わせ
朝食にフルーツをたくさん食べる人っていますよね。あれダメらしいですよ。「糖質疲労」って状態になる可能性が高いらしいです。果糖をはじめとする糖質が豊富に含まれているのが問題ってことだとか。それに野菜のスムージー。たんぱく質や脂質が圧倒的に不足しています、卵を食べましょう!
国内話題・トレンド   プレジデントオンライン (2024/03/18)



「テレワーク」「副業・兼業」で高まる健康管理への意識   働く人たちに聞いた「健康とセルフケアの実態調査」
セルフケア
第一三共ヘルスケアによる「健康とセルフケアの実態調査」。2024年は「テレワーク」や「副業・兼業」などをテーマに加えてインターネット調査を実施。「コロナ」がもたらしたセルフケアへの意識変化とは?
国内話題・トレンド   OVO [オーヴォ] (2024/03/18)



電車内で目撃情報!SNSで話題に…「トコジラミ対策」どうすればいい?
トコジラミ対策
全世界で繁殖しているトコジラミ。体長約5ミリ程度肉眼で確認できる茶褐色の小さな吸血性昆虫。知らぬ間に旅先などで荷物や衣類などに潜り込み、気づかないまま持ち帰り、刺されたことにも気づかず「あれ赤いなぁ・・・」と。放置するととんでもない増殖を・・・。
国内話題・トレンド   日刊ゲンダイDIGITAL (2024/03/19)



大谷の通訳・水原一平氏の解雇報道で「ギャンブル依存症」注目 精神疾患の一つ
ギャンブル依存症
全世界に衝撃が走った米MLBのドジャース・大谷翔平選手の通訳・水原一平氏の突然の解雇報道。理由は「ギャンブル依存症」。ギャンブル等にのめり込んでコントロールができなくなるという立派な精神疾患の一つ。日常生活や社会生活に支障が生じるレベルだから相当ですよね。
海外話題・トレンド   ORICON NEWS (2024/03/21)



全国インフルエンザ患者数 2週連続で増加 春休みの感染対策を 厚労省
インフルエンザ患者数増加
なんだか長いこと流行が続いている感じがしますが、インフルエンザの全国の患者報告数増加中・・・。年度末や春休みなどで人の動きが活発になっているのでより注意が必要です。
国内話題・トレンド   テレビ朝日系(ANN) (2024/03/22)



バイアグラで認知症を予防できる? リスクが30~54%低減との研究報告が
バイアグラで認知症予防?
男性の性的機能を上げる治療薬「バイアグラ」。知名度抜群のクスリですが、実は多くの健康効果があるのではないかということで研究が進められているそう。リスクや副作用も含め専門家の方に聞いてみましょう。
国内話題・トレンド   日刊ゲンダイDIGITAL (2024/03/24)



【5万着突破の大ヒット商品!】人気の“疲労回復ウェア”をはじめ、お得価格で手に入る傑作商品3選!
疲労回復ウェア
宝島社の公式ECサイト「宝島チャンネル」で、「Recoverypro Lab. (リカバリープロラボ)疲労回復ウェア」が大人気なんだとか。
キモは素材。セラミックを定着させた繊維を使っているそう。買ってみるしかありませんね!
国内話題・トレンド   MonoMaxWEB (2024/03/26)



健康被害拡大「紅麹サプリ」摂取後に死亡?新たに入院50人増…原因は?専門家に聞く
「紅麹」で健康被害拡大
被害が拡大中の「紅麹」。この健康被害問題は、飲食店にも影響が広がっています。とにかく死亡のケースが増えないことを祈るばかりですが・・・。
国内話題・トレンド   テレビ朝日系(ANN) (2024/03/26)



コンビニ飯でやせたいなら「梅おにぎり+カニカマ+バナナ」が最高のトライアングルだといえる理由
コンビニ飯でやせるための組み合わせ
食事指導を行うイートバランス代表の齋藤好美さんの著書『カロリー気にせず食べて健康に痩せる コンビニ3品ダイエット』。タイトルが魅惑的すぎますね!
国内話題・トレンド   PRESIDENT Online (2024/03/27)



不妊治療、男性も積極的に 簡易検査キットなど注目
男性の不妊治療
不妊治療が保険適用対象となって今年で3年目。不妊治療というと女性がするものという認識もそろそろ無くなってきているのでは・・・。男性の妊活参加。精子に問題があるケースもあるわけですから。当事者意識、ですよね。
国内話題・トレンド   産経ニュース (2024/03/29)



あなたの睡眠の質は「1日の歩数」で決まる…最新研究で判明「朝までぐっすり眠れる人」がやっている健康習慣
「朝までぐっすり眠れる人」の健康習慣
睡眠の質に注目が集まってはや何年。医師の大谷義夫さんは「ぐっすり眠るためにはウォーキングが有効だ。睡眠の質は『1日の歩数』で決まる」と話します。特に高齢者には有効だとか。
国内話題・トレンド   プレジデントオンライン (2024/03/30)



「カット野菜は普通の野菜に全く引けを取らない」管理栄養士がもりもり食べるべしと説く2つの理由
カット野菜は栄養価が減る?
あまりにお手軽な「カット野菜」。しかし栄養価が減るとか言いますが・・・。いえいえ、管理栄養士の成田崇信さんは「栄養価は減るが、その減り方はあまりに小さいので無視していいレベル」だと。じゃんじゃん食べましょう!
国内話題・トレンド   プレジデントオンライン (2024/03/31)



「プラスチック」が動脈硬化を引き起こす? NEJMで研究報告
プラスチックが動脈硬化を?
環境面でプラスチックの悪影響が声高に叫ばれています。自然への悪影響が・・・、ちょっと待ってください。人体にも悪影響がありますよ!体に吸収されるリスクのあるプラスチックの細片、「マイクロプラスチック」や「ナノプラスチック」と呼ぶもの。これは厄介極まりない・・・。
国内話題・トレンド   日刊ゲンダイDIGITAL (2024/03/31)




Since 1999 DATUM Corporation. <無断転載複写禁止>